G-SEVEN
HOME > 11月

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年11月29日掲載 プロスタッフ氏からのレポートが届きました。

プロスタッフ氏からのレポートが届きました。


G7プロスタッフの松原です。
先日「NBCチャプター布目第5戦」に参加してきました。
今年は台風や豪雨で大会の延期続きでフィールドのコンディションも
台風が過ぎるごとに変化している様子。
今回も一週間前までは結構釣れていた様子で期待しながらプラに入りましたが・・・
僕には全く釣れない・・・
不安な中迎えた試合当日は、前日唯一水が動き魚が少ないながらも回遊してきそうな
副ダム前に向いました。
まずはリミットを揃えようとダウンショットを投入!
すると早々にデカそうな魚がヒット!なかなか強い引きで上がって来ない。
慎重に時間をかけたつもりでしたが急に走り出し、沈んだ竹に突っ込まれフックオフ・・・
賢い魚です・・・
魚にプレッシャーをかけないように岸側と深めを交互に広く探っていくとコンスタントに
ナイスサイズが連発!そして試合終盤に最大魚となる1,790グラムをGet!
終わって見るとかなり厳しく全体的にローウエイトだったようで僕の名前は最期に
呼ばれる事に。2位に1キロ以上差をつけて優勝することがで出来ました。
さらに年間順位も4位になり近畿Bブロックチャンピオンシップの出場権を獲得!
皆さんも強くてしなやか、バイトマーカーがもう一つ情報を与えてくれ
釣果に差をつけるトーナメントGENE Mark1を使ってみてくださいね。

mark G-niusproject ダウンショットSP
G-7 トーナメントジーンフロロMark1 3lb
ワーム レインズ エコスワンプ(スカッパノンレッド)
その他 フック 擬似餌屋 フック(M)
シンカー レインズ TGダウンショットシンカー1/8oz
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年11月29日掲載 プロスタッフ氏からのレポートが届きました。

プロスタッフ氏からのレポートが届きました。


G7フィールドスタッフの丹生です!

池原ダム最大規模の大会【カーブの店カップ】に参戦してきました!参加人数はおよそ170名!

秋から冬に移行しつつあるこの時期の池原ダムは、少し厳しくなりつつあります。
秋といえば、ベイトフィッシュ絡みの魚を狙いたくなりますが、ベイトについた魚は意外と口を使わない時間帯も長く、手っ取り早いのが、エビ系を捕食している魚を探す事です。

当日は、前日プラで見つけたエリアで5mまでのレンジでキーパーをかき集め、残り2時間でビッグフィッシュ狙いのサイトフィッシングに勝負に出ました!

11月後半のこの時期でも、池原ダムではエリアによっては、サイトで良型が狙え、上位に食い込むには必須のパターンです。

目当てのエリアに入ると、早々に見えバスを発見!
虫系ワームにもあと一歩のところで口を使わない。これもこの時期特有の魚です。
ただこういった気難しい魚は、必ずと言っていいほど、同じエリアに戻りたがる傾向があるので、辛抱強く狙い続ける事が大事です。

少し思考を変え、リアクションの釣りに変えると、反応激変!!
粘りに粘り、リアクションサイトでなんとかキロフィッシュで入替成功!!

その後も粘りましたが、追加できずに終了。
3本で2キロといったスコアでした。

今回のリアクションサイトでは、超近距離戦となるので、アワセ切れのリスクを頭におく事が重要です。こういった釣りこそ、ストラテジックフィネスの強さとラインシステム独自設定の【3lb+】が必要ですね!!

これからの池原ダムは、魚もディープに集まり、ディープモンスターも狙える時期になります!寒さも厳しくなりますが、ぜひ皆さんも防寒対策を万全に池原ダムに遊びに来てください(^^)


製品紹介トピックス糸の結び方製品の使い方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンクプライバシー・ポリシー

Copyright © 2015 G-SEVEN. All rights reserved.