G-SEVEN
HOME > 4月

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年04月24日掲載 プロスタッフ氏からのレポートが届きました。

プロスタッフ氏からのレポートが届きました。


みなさんこんにちは!G7プロスタッフの大田 貴史です。
4/21~4/22に三重県で開催されましたJBマスターズ第2戦/三瀬谷ダム戦に出場してきました。

去年より1週間遅い4月下旬開催で季節の進行がキーとなる時期での試合、大会を含む3日間は4月なのに7月下旬の夏日…
熱中症、厚さ対策も必要なやっぱりなにかがある『どMシリーズ』にふさわしい春の三瀬谷戦となりました。

初戦をノーフィッシュで後がない第2戦なのですが、スケジュールの都合上前週プリプラは2.5日間となりました。
水温は16℃ですが感触は簡単ではなく季節の進み具合によってはネスト戦にもなる可能性もあり、前日の状況次第での対応を意識してプリプラを終了しました。

JBマスターズ第3戦 本戦

前日プラ:水温も17℃、3日間晴天予報、少ないながらもネストもあり各選手戦略に迷うところですが、大きくない湖とマスター選手のプレッシャーで沈むことも意識しスポーニングエリアの一段下をメインに探りアタリだけを確認しました。
両日ウェイインで上位に食い込める可能性の高い厳しい試合になりそうな気配をプンプン感じながら公式プラを終えました。

Day1  :フライトも早く朝一から狙ったエリアに入ることができ、早々に小さいながらも狙っていたバスをキャッチすることができましたが後が続かず…
ですが思いのほか周りが釣れてなく初日394g/20位と展開次第ではお立ち台を狙える好位置でのスタートとなりました!!

Day2  :前日と同じく同ポイントに入ることができましたが前日とは違う違和感を感じながらシャローもキャストするもネがかり…リグを回収に行くとな・な・なんと!! 小さいながらもキーパーサイズのバスが!! 丁寧にアプローチし無事2日目も1本をキープすることができました。
もう1本あればお立ち台が!と最後までバスを追いましたが特に何もなく2日目304g/23位でしたが両日釣った選手は13人!
もしかしたらと思いましたがお立ち台まで1pt差の総合7位入賞!!と嬉しくもあり悔しい三瀬谷戦となりました。

【タックルデータ】
ダウンショット
・ロッド ダイワ バトラーリミテッド (擬似餌屋マイクロガイドセッティング)
・リール ダイワ イージス2004
・ライン トーナメントジーンMark1(2.5LB)
・ルアー Gテールサターン2.5 スカッパノンレッド 1.8g+G-nius project ネコリグフックM

最高のタックルバランスで圧倒的な感度と強度、扱いやすさで安心して魚とのやり取りができました。
本当に最高のアドバンテージです!!

前半戦を終え、年間ランキングも暫定23位までランクアップ!
次戦は7月の霞ケ浦戦!少し期間があるのでしっかり準備をして戦いに臨みたいと思います。

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年04月24日掲載 プロスタッフ氏からのレポートが届きました。

プロスタッフ氏からのレポートが届きました。


G-SEVEN プロスタッフの松原です。
本格的にバス釣にいいシーズンになって来ましたね!
先日プライベートで京都、奈良、三重の三県にまたがる高山ダムに行ってきました。
入漁券販売の方に伺うと1日やってボウズの人もおり、2〜3匹釣果が多いとの事…
現在、僕の苦手な超満水でいつもの地形、ポイントも全て沈んでいる状態。
巻くにしても根掛かり、打つにしても根掛かりの根掛かり地獄…
そこでガード付きのフックとワームの身切れ対策でストレートワームにG7ワームプロテクトチューブ
をセット。そしてG7タングステンスクリューシンカー 1/16ozを挿入したネコリグで攻める事に。
ネコリグ に替えて早々に連発し、終わってみると20数匹の釣果でした。
根掛かりする物が多く、またマッディウオーターで視認性が悪いフィールドでは
G-SEVEN TOURNAMENT GENE Mark1のバイトマーカーが視覚的な多くの情報をくれるので
いい釣果だったのだと思います。
皆様も是非G-SEVEN商品で楽しい釣りをしてくださいね!

使用タックル
ロッド
ベイト       G-nous projectベイトフィネススペシャル
スピニング  G-nous projectネコスペシャル
リグ ネコリグ G7ワームプロテクトチューブ
ワーム reinエコスワンプJr.スカッパノンレッド
シンカー G7タングステンスクリューシンカー 1/16oz
ライン ベイト LINESYSTEM  G-SEVEN TOURNAMENT GENE Mark1 7LB
スピニングLINESYSTEM  G-SEVEN TOURNAMENT GENE Mark1 3LB

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年04月03日掲載 プロスタッフ氏からのレポートが届きました。

プロスタッフ氏からのレポートが届きました。


いつもありがとうございます。

桧原湖のシロトリです。

今年もよろしくお願い致します!!

2018年一発目は管理釣り場での様子を。

な~んだ管釣りかよ。

と思われがちですが、管理釣り場のバスは簡単そうで癖があって以外と難しい。加えて今回は連休の真ん中とあって朝から釣り客は満員で人的プレッシャーもかなり高め。周りがワームでスローに釣るなか、ハードベイトオンリーでうまく合わせることができました。

クランクやメタルバイブなどを使いバスの反応を見ながらポジションと状態を掴んでいき、最終的に絞りこんだのが、シンキングチューンしたジャークベイトとシャッドの2つ。

養殖のバスに考えられる癖とボトムにジッとしていることを考慮し、ルアーを巻いて魚を引っ張るのではなく、ロッドワークを使った静と動のコンビネーションで、食性ではなくリアクションで本能に訴えかけ、バスにルアーを探させるアプローチがうまくハマり、終わってみればボコボコに楽しい釣りができました。

ステイ中のバイトが殆どで、こうしたバイトを確実に捉えるには、巻き癖がつきにくいしなやかさと感度の良さを備えたラインセレクトが重要になります。

この2つのポイントをしっかりと抑え、かつバランスのとれたラインがG7トーナメントジーン。

ステイ中のバイトが多発するなかで、トーナメントジーンは多少ラインをタルませていても、よそ見をしていても、手元に「コン」とバイトを伝えてくれるほど。

原料から製法、保存と拘りに拘った品質が生む直進性、摩耗性、感度とバスフィッシングに必要な要素を高次元にそしてバランス良く組み込まれたトーナメントジーンシリーズは巻いても、撃っても、止めても、どの釣り方をもしっかりとサポートしてくれます。

間も無く迎える春のビッグバスハンティングの命綱としてトーナメントジーンを選んで頂けたら幸いです。

mark Abu Garcia HSPC-661MS MGS
mark Abu Garcia REVO LT6- L
G7トーナメントジーン8lb
Berkley DEX- MN90SP / DEX-SC55F

(どちらもウエイトシールでチューン)

製品紹介トピックス糸の結び方製品の使い方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンクプライバシー・ポリシー

Copyright © 2015 G-SEVEN. All rights reserved.