G-SEVEN
HOME > 7月

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2017年07月19日掲載 プロスタッフ氏からのレポートが届きました。

プロスタッフ氏からのレポートが届きました。


皆さん、こんにちわ!
G7プロスタッフの奥泉悠介です。

野尻湖では、スポーニングが落ち着いてアフター~回復が釣れるようになり、数釣りが楽しめるようになりました。

アフターはG7スピニングマーク1のフロロ3ポンドでライトキャロを使い狙います。アフターは口が痛んでいて、噛む力も弱いのでバイトがあってから10カウントしてから合わせると、スッポ抜けが減りますよ!
マーカー付きのラインなので、10カウント中のラインが走るバイトも分かりやすいのでオススメです。

回復は虫&セミパターン。
PEでもいいのですが、奥泉的にはG7ストラテジックフィネス3ポンドがオススメ。
風が強い野尻湖では、ラインメンディングが大変なので、PEよりフロロの方が扱いやすいですよ。

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2017年07月19日掲載 プロスタッフ氏からのレポートが届きました。

プロスタッフ氏からのレポートが届きました。


G7ホームページをご覧の皆様、こんにちは!

モニターの末永です!

 

先日、地元宮城で開催された『NBCチャプター宮城』のご報告を致します‼

県内リリース禁止の都合上、宮城は管理釣り場でのトーナメントとなるのですが、

これがまた実にエキサイトするのです♪

 

なにせ、ライバルたちの釣果がまるわかり・・・・。

 

そんな一風変わった環境での試合なのですが、前半・後半の各ステージのポイント制で競い合うルールの中、重要なのは「後半戦」です。

 

プレッシャーがピークに達する後半戦はリミット3本揃えるのも一苦労な場合が多く、前半3位で折り返した私も、後半の残り30分までノーフィッシュ・・・・。

 

一度頭を冷静にし、メインとしていたサイトとカバーの釣りからストラクチャー回りのブラインドへ切り替えます。

 

石積み回りをネコリグでサーチ!

ラインは信頼のG7“ストラテジックフィネス2.5ポンド”

 

貴重なバイトがやっと竿に伝わります・・・・。

 

強度に絶対的な信頼を寄せているので、素早くネットイン!

 

残り15分であと2本。

 

そして2本目‼ あと10分‼

 

残り5分のところでダメ押しの3本目‼

 

01

 

「やれることはやった・・・・。」

が正直な感想ですが、僅差で逆転に成功し優勝することが出来ました♪

 

ギリギリの状況で最大限のポテンシャルを発揮出来る「ストラテジックフィネス」はさすがのトーナメントクオリティーです!

mark SBCS-600SL2
ストラテジックフィネス 2.5LB
リヴィングストレート3.8
フォールクローラー3
その他 シンカー:0.4グラムネイルタイプ
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2017年07月19日掲載 プロスタッフ氏からのレポートが届きました。

プロスタッフ氏からのレポートが届きました。


G7プロスタッフの奥泉です。

7月の4、5日の2日間、人生初の琵琶湖釣行でした!

開始30分で人生初のロクマル62cm。
その後に57cm。

翌日は52cm

琵琶湖のポテンシャルの高さに、バス釣り歴20年で築き上げた世界観をひっくり返されました(笑)

琵琶湖モンスターの船べりでの突っ込みは、シーバスの80ランカーに匹敵するものでした。

トーナメントジーンフロロカーボン16ポンドのおかげで、モンスターの突っ込みにもラインブレイクされずに無事にキャッチ出来ました!

これからも琵琶湖に70ドリームを追い掛けて行こうと思います。


製品紹介トピックス糸の結び方製品の使い方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンクプライバシー・ポリシー

Copyright © 2015 G-SEVEN. All rights reserved.