G-SEVEN
HOME > 6月

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2017年06月19日掲載 プロスタッフ氏からのレポートが届きました。

プロスタッフ氏からのレポートが届きました。


こんにちは!
G7フィールドスタッフの丹生です。
6月初旬の池原ダムに行ってきました!

今年はひたすら減水に悩まされる池原ダム。
例年ならこの時期にアフターの魚がさしてくるはずのスポットははるか陸の上。
まだまだプリ~アフターまでいる状態ですが、今回は2人乗りということもあり、ブラインドの釣りでアフターの魚をメインに狙って釣っていきました。
オープンなエリアではストラテジックフィネス4lbのスピニングでのネコリグ、レイダウンや立木絡みのエリアではトーナメントジーンフロロ7lbのベイトフィネスでのネコリグを使い分けてアベレージサイズの魚を拾っていきました!

サイズupになかなか苦しむ中、昼前にレイダウン絡みで55upの魚がネットイン直前にまさかのフックオフ…。笑。
しかしこの魚が大きなヒントとなり、エリア、レンジを修正し、パターンを掴んでからはビッグバスを連発させる事ができ、終わってみれば2人あわせて船中60本超え…笑。

最大魚はアフター回復の50up!ナイスコンディションなバスでした!この魚もレイダウン絡みでのシチュエーションでしたが、レイダウンに巻かれる事なくキャッチできたのは、着底後のわずかなバイトを手元にきっちり伝えてくれる感度のおかげで魚が走る前にフッキングへ持ち込む事ができた事と一気に引き離せるトーナメントジーンの強度のおかげですねっ!!

数釣りもビッグサイズも楽しめる池原ダムはこれからますます楽しいシーズンに入ります!

ぜひ皆さんも池原ダムにお越し下さい(^^)

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2017年06月15日掲載 プロスタッフ氏からのレポートが届きました。

プロスタッフ氏からのレポートが届きました。


先日のNBC新利根チャプターに優勝しましたので報告します。この新利根チャプターは平日開催のレンタルボート大会で約70名の参加者がありましす。そんなレンタルボート大会は人の釣りした後を流さなければならないので私にとって難しいものでした。メインとなったタックルはベイトフィネス系のものですが、ラインはG7マーク1の10lbでした。このラインのいいところはラインの動きでバイトが見えるのはもちろんのこと、操作面においてもルアーの位置を把握出来ることです。特にスモラバのスイミングでは水面下50cmをキープする、といったことがやりやすく、またその操作が完璧に出来るのと出来ないのではバイト数がまるっきり変わってしまうということがあるのです。今回キッカーとなった1700gは葦ぎわの水深50cmくらいのところの水面下20cmをキープするようなスイミングでヒットしましたが、このラインでなければやれない事だったと思います。また、1キロフィッシュを2本獲ったノーシンカーの釣りでは、止めてから動かすその間に小さなバイトが出るため、ラインを見ずにタイミングを逃してフッキングすることはバラシの原因になったりするのです。そういった意味ではこのG7マーク1には相当のアドバンテージをいただいていると感じます。
最後にこのラインをサポートしていただいているラインシステム社に感謝するとともにこのG7マーク1という本当に使えるラインを使える環境に感謝いたします。これからも溺愛するこのラインと共に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

mark エアエッジ681MLB
mark アルファス AIR
ラインシステムG7マーク1 10lb
シンクロ1/16&HPシャッドテール2.5
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2017年06月06日掲載 プロスタッフ氏からのレポートが届きました。

プロスタッフ氏からのレポートが届きました。


こんにちは麦わらのおっちゃんです。
報告遅れました……
4月29日、30日に開催の琵琶湖プロトーナメントB.A.I.T.第2戦に参戦

2日間ともネコリグで攻めて
初日、5本6350㌘(52㌢2150㌘他)
最終日は5本9280㌘!(57㌢3500㌘55㌢2500㌘他)
トータルスコア15630㌘で6位
5位とはわずか270㌘の差で入賞の涙をのみました……

でも
最終日は短日2位のスコアを出したのでウエインでは目立って来ました(*´罒`*)


製品紹介トピックス糸の結び方製品の使い方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンクプライバシー・ポリシー

Copyright © 2015 G-SEVEN. All rights reserved.