G-SEVEN
HOME > 9月

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2016年09月26日掲載 プロスタッフ氏からのレポートが届きました。

プロスタッフ氏からのレポートが届きました。


G7フィールドスタッフの丹生です。

更新が遅れましたが、チャプター池原第4戦、第5戦に出場してきました!

実は、2戦共メインのエリアは同じ。各2戦での水位の差はありましたが、バスのレンジに違いはあるものの、魚の状態はさほど変わらず。赤土の岬や張り出しでベイトについている魚に狙いを定めました。魚は縦にも横にも動き回り、ベイトを追い込んでいるイメージ。400gベースに加え、釣り込めばキッカーがチラホラ混ざる。前プラでのバイトの出方をヒントにリグや食わせるスポット、タイミングを絞りこんでいきました。

スタンプに絡めてシェイクしていると、食う。しかし、違和感を感じるとすぐ吐く。といった感じだったので、選んだリグは、くわえた瞬間に即フッキングできる4inchストレートワームのワッキーDS。

こんな状況下こそ、感度に優れ、スタンプから一気に引き離せるパワーがあるストラテジックフィネスに持ってこいの展開!(3lb使用。)

第4戦では約10本の魚をキャッチし10位ギリギリ入賞10位。第5戦では約15本の魚をキャッチするも、スーパーキッカーを焦り?呪い?(笑)でミス…さらに考えられないミスを連発…で、14位と悔しい結果に終わりました。

この1年は2度の入賞止まり、年間も8位と微妙な成績でしたが、来年はさらに上を目指して頑張ります!!

チャプター戦は終了しましたが、これからの池原ダムはまだまだ楽しい季節が続きます(^^)

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2016年09月09日掲載 プロスタッフ氏からのレポートが届きました。

プロスタッフ氏からのレポートが届きました。


みなさん!こんにちは!
G-SEVEN プロスタッフの岡島拓哉です。

今回は異国の地・ハワイへ、ピーコックバスを釣りに遠征してきました!

遠征といってもメインは社員旅行。

こんなチャンス二度と無い!
と思い、パックロッドにタックルを仕込み、渡米!

img_3153

現地のガイドの方により案内され、

上流へとバウを向け、出艇!

途中、ガイドさんイチオシのエリアにて
ボイルが多発!

もう!
なんとそのボイルのすごいこと!

まさにナブラです!

私は小型ペンシルポッパーを選択!

すると、いきなり

”バフッ”っと‼︎

いつものラージマウスの引きとは違った

強烈な引きにビックリ‼︎

img_3139

初のピーコックバスをGET‼︎

味をしめた私は、ボイルをうちまくり、

img_3148

ピーコックにラージマウスを

含めて2桁をGET!

今回は初めてだったのと、海外渡航にてタックルが

限られていた為、

ベイトフィネスタックルオンリー!

img_3154

img_3653

ラインはトーナメントジーンMark1ベイトフィネスの8lb‼︎

ピーコックバスの強烈な突っ込みもありましたが、主導権を握らせることなく、快適に釣りすることが出来ました!

皆様も機会があれば是非、G-SEVEN製品と共に足を運んでみてください!

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2016年09月07日掲載 プロスタッフ氏からのレポートが届きました。

プロスタッフ氏からのレポートが届きました。


こんにちは麦わらのおっちゃんです。

青野ダムで55upのビッグバスが釣れました

リグはメタルバイブレーションです

季節は涼しくなりますがディープはこれから熱くなりそうですね♪

mark 9月4日
mark ストライクマスター77
トーナメントジーンフロロカーボン 14lb.
フルメタルソニック3/8oz.
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2016年09月06日掲載 プロスタッフ氏からのレポートが届きました。

プロスタッフ氏からのレポートが届きました。


G7HPをご覧の皆様、初めまして!この度モニターを務めさせて頂く事になりました末永知之と申します!

宮城県在住、メインフィールドは福島県の桧原湖です。現在はJB桧原湖シリーズに参戦、東北の各NBCチャプターにも参戦しています。
そんな私の第1回目のレポートは、先日開催されました『JB桧原湖第3戦』のご報告です。

プラクティスの段階から、日替わり週替わりなスモールマウスバスのポジションに苦戦しながらも、メインで考えていたのは”ディープのフラットエリア”
ワカサギを活発に補食しているバスを、ダウンショットリグで釣る。というプランでした!

そこで、活躍したのが『ストラテジックフィネス2lb+』

小森プロのこだわりの詰まったこのラインが大活躍でした!

深場のスモールマウスを、狙う上で、やはり重要なのは”ライン”です。

細ければ操作性が良く、強ければ魚に対しても、安心してやり取りが出来ます。

しかし試合になればやはり緊張は付き物。

特に、釣れない中での1本目は、手に汗握る程です。

試合中そんな場面が訪れた時は、「切れるなよ~。」
なんて思いましたが、今回はそれが皆無でした!

やはりラインが強いということは、絶対的なアドバンテージになります!

最初の1本目で流れを引き寄せ、リミットメイク!

入れ換えも試みましたが、そのまま試合終了でした。

結果は9位入賞することが出来ました!

これからの秋の桧原湖、ディープのライトリグには『ストラテジックフィネス』是非一度使って頂きたいです♪

最終戦も頑張ります!

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2016年09月02日掲載 プロスタッフ氏からのレポートが届きました。

プロスタッフ氏からのレポートが届きました。


G7プロスタッフの奥泉悠介です。

8月28日に行われたJB桧原湖で8位に入賞しました。

ワカサギを食べてる個体を狙い、テールカットしたカットテールのダウンショットで3本1850gでした。

この時期のスモールはワカサギを腹パンパンに食べていてウェイトがあり引きが強いです。

ストラテジックフィネスの3ポンドなら引きの強い秋のスモールにも余裕をもって対応することが出来ました。

この次こそ表彰台に登りたいと思います。


製品紹介トピックス糸の結び方製品の使い方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンクプライバシー・ポリシー

Copyright © 2015 G-SEVEN. All rights reserved.