G-SEVEN
HOME > > G7プロスタッフ、白鳥稔一氏からの釣行レポートです。

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年12月28日掲載 白鳥稔一氏からのレポートが届きました。

G7プロスタッフ、白鳥稔一氏からの釣行レポートです。


皆さんこんにちは。
プロスタッフの白鳥です。

ホームレイク桧原湖も積雪によりオフシーズン突入。そんな最近、ハマってしまっているのがロックフィッシュ。

今回は岩手県釜石市でボートでのトライ。

当日は風が強くウネリも高め。おまけに開始早々に船酔い(笑)状況的にも、体力、精神力共に厳しい一日が予想されましたが、蓋を開けてみれば50upを頭にボコボコに釣れて大満足‼︎

今回使用したラインは G7トーナメントジーンmark1 16lb。

岩礁帯を狙い撃つロックフィッシュの釣りでラインに求められるのは何よりも強度。特に耐摩耗性。根を跨いだプローチやス 根越しに魚との引き合いが頻繁にあるので根擦れ対策は非常に重要。  G7ラインは原材料、成形、保存と全ての項目に絶対的な自信をもっているからこそファイト中の不安はゼロ。もちろん傷は入ります。ですが、傷が入ってからがチカラの見せ所。 G7ラインは最後まで粘ってくれます。

同船者からも「切れない糸だね〜どこの?」とコメントが出るほど。

また、mark1を選んだ一番の理由は「ラインの行方」を分かりやすくする為。視力には自信はありますが、より快適にイメージを体現するにはバイトマーカーは非常に有効です。レンジコントロールもしやすくなりますしフォール中のバイトも察知しやすくなります。

硬くて、強い、なのにしなやかで扱いやすい。
是非一度試してみてください


製品紹介トピックス糸の結び方製品の使い方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンクプライバシー・ポリシー

Copyright © 2015 G-SEVEN. All rights reserved.