G-SEVEN
HOME > > G7プロスタッフ、奥泉悠介氏からの釣行レポートです。

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年06月01日掲載 奥泉悠介氏からのレポートが届きました。

G7プロスタッフ、奥泉悠介氏からの釣行レポートです。


G7プロスタッフの奥泉悠介です。

僕は普段、野尻湖でガイドをして浮いているのですが昨日まで不鮮明だったアフタースポーンのスモール。
やっと今日からパターンとして狙って釣れるほど、5~8mのディープに大量に入ってきました。

ライトキャロが活躍する季節が到来です。

アフターのスモールは、噛む力が弱いと言われていて、バイトがあってもフッキング時にスッポ抜けが目立つ時期です。

僕のガイドに乗って下さった方はご存知だと思いますが、ライトキャロでのフッキングは『10カウントフッキング』を推奨しています。

バイトがあってから、スプールをフリーにして10秒間ラインを送り、フックを喉の奥まで飲ませることによって、スッポ抜けを回避しています。

その時にオススメのラインがG7のマーカー付きのライン『G7トーナメントジーンMARK1スピニング』の3ポンド。
スプールをフリーにしている不安の10秒間、バスがワームを咥えて走るのが目に見て分かります。
また、ディープを軽いシンカーで攻める釣りなので、リグがボトムについたのも、ラインのマーキングで確認できるので風の強い野尻湖でも強い見方ですので、ビギナーにこそオススメのラインになります。
ガイドのお客様もこの『G7トーナメントジーンMARK1スピニング』のユーザーが増えてきてます。
野尻湖でライトキャロを使用される際には是非。


製品紹介トピックス糸の結び方製品の使い方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンクプライバシー・ポリシー

Copyright © 2015 G-SEVEN. All rights reserved.