G-SEVEN
HOME > > G7プロスタッフ、白鳥稔一氏からの釣行レポートです。

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年04月03日掲載 白鳥稔一氏からのレポートが届きました。

G7プロスタッフ、白鳥稔一氏からの釣行レポートです。


いつもありがとうございます。

桧原湖のシロトリです。

今年もよろしくお願い致します!!

2018年一発目は管理釣り場での様子を。

な~んだ管釣りかよ。

と思われがちですが、管理釣り場のバスは簡単そうで癖があって以外と難しい。加えて今回は連休の真ん中とあって朝から釣り客は満員で人的プレッシャーもかなり高め。周りがワームでスローに釣るなか、ハードベイトオンリーでうまく合わせることができました。

クランクやメタルバイブなどを使いバスの反応を見ながらポジションと状態を掴んでいき、最終的に絞りこんだのが、シンキングチューンしたジャークベイトとシャッドの2つ。

養殖のバスに考えられる癖とボトムにジッとしていることを考慮し、ルアーを巻いて魚を引っ張るのではなく、ロッドワークを使った静と動のコンビネーションで、食性ではなくリアクションで本能に訴えかけ、バスにルアーを探させるアプローチがうまくハマり、終わってみればボコボコに楽しい釣りができました。

ステイ中のバイトが殆どで、こうしたバイトを確実に捉えるには、巻き癖がつきにくいしなやかさと感度の良さを備えたラインセレクトが重要になります。

この2つのポイントをしっかりと抑え、かつバランスのとれたラインがG7トーナメントジーン。

ステイ中のバイトが多発するなかで、トーナメントジーンは多少ラインをタルませていても、よそ見をしていても、手元に「コン」とバイトを伝えてくれるほど。

原料から製法、保存と拘りに拘った品質が生む直進性、摩耗性、感度とバスフィッシングに必要な要素を高次元にそしてバランス良く組み込まれたトーナメントジーンシリーズは巻いても、撃っても、止めても、どの釣り方をもしっかりとサポートしてくれます。

間も無く迎える春のビッグバスハンティングの命綱としてトーナメントジーンを選んで頂けたら幸いです。

mark Abu Garcia HSPC-661MS MGS
mark Abu Garcia REVO LT6- L
G7トーナメントジーン8lb
Berkley DEX- MN90SP / DEX-SC55F

(どちらもウエイトシールでチューン)

製品紹介トピックス糸の結び方製品の使い方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンクプライバシー・ポリシー

Copyright © 2015 G-SEVEN. All rights reserved.