G-SEVEN
HOME > > G7プロスタッフ、松村氏からのレポートです。

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2017年06月15日掲載 松村氏からのレポートが届きました。

G7プロスタッフ、松村氏からのレポートです。


先日のNBC新利根チャプターに優勝しましたので報告します。この新利根チャプターは平日開催のレンタルボート大会で約70名の参加者がありましす。そんなレンタルボート大会は人の釣りした後を流さなければならないので私にとって難しいものでした。メインとなったタックルはベイトフィネス系のものですが、ラインはG7マーク1の10lbでした。このラインのいいところはラインの動きでバイトが見えるのはもちろんのこと、操作面においてもルアーの位置を把握出来ることです。特にスモラバのスイミングでは水面下50cmをキープする、といったことがやりやすく、またその操作が完璧に出来るのと出来ないのではバイト数がまるっきり変わってしまうということがあるのです。今回キッカーとなった1700gは葦ぎわの水深50cmくらいのところの水面下20cmをキープするようなスイミングでヒットしましたが、このラインでなければやれない事だったと思います。また、1キロフィッシュを2本獲ったノーシンカーの釣りでは、止めてから動かすその間に小さなバイトが出るため、ラインを見ずにタイミングを逃してフッキングすることはバラシの原因になったりするのです。そういった意味ではこのG7マーク1には相当のアドバンテージをいただいていると感じます。
最後にこのラインをサポートしていただいているラインシステム社に感謝するとともにこのG7マーク1という本当に使えるラインを使える環境に感謝いたします。これからも溺愛するこのラインと共に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

mark エアエッジ681MLB
mark アルファス AIR
ラインシステムG7マーク1 10lb
シンクロ1/16&HPシャッドテール2.5

製品紹介トピックス糸の結び方製品の使い方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンクプライバシー・ポリシー

Copyright © 2015 G-SEVEN. All rights reserved.